アンテナ工事はプロに任せた方が安心~クオリティも高い~

アンテナ工事はプロに依頼する

DIYをしている方は、自分でアンテナ工事をしようとしていませんか?しかし、アンテナ工事はプロに依頼する必要があるのです。その理由を確認してみましょう。

アンテナ工事作業には危険が伴う
テレビアンテナは、屋根の上に設置されている場合が多いです。ですから、地上から離れた高い場所でアンテナ工事を行なわなくてはいけません。屋根には傾斜が付いているため、普段屋根に登らない人がアンテナ工事をするとなるととても危険です。
屋根を傷つける恐れがある
屋根の構造を知らない、知識が無い人が屋根に上ると、屋根を傷つけたり壊したりする可能性があります。また、それが雨漏りの原因になることもあるので、注意が必要です。さらに、一生懸命アンテナ工事を行なっても、必ずテレビが映るという保証はありません。
一人での作業は困難
テレビアンテナ工事は最低でも二人で行なうのが一般的です。素人が二人で作業をする場合、転落の危険が倍になるだけです。もちろんアンテナ工事の方法によっては一人で出来ないこともありませんが、効率が悪く設置にとても時間がかかります。

せっかく頑張ってアンテナを取り付けても、テレビが映らなかったら疲れるだけでしょう。さらに、自身が怪我をしたり、自宅の屋根が傷付いてしまったりした場合は余計な出費に繋がります。確実に工事を行なうのであれば、プロに頼んだ方が安全で安心です。

住宅へのダメージを防ぐためのアンテナ工事

どの会社のアンテナも、機能性の差はほとんどありません。ですが、取り付け工事が手抜きだと、快適な視聴環境を得ることが出来なくなる可能性があるため、注意が必要です。取り付け工事を行なう際は、屋根や壁に穴をあけます。この穴は、丁寧に防水処理を行なわないといけません。防水処理を怠ると、せっかく綺麗にリフォームした家が、漏水してしまうことがあるからです。このような手抜き工事の影響は、工事後すぐには気づきません。殆どの場合、数年が経過して家にダメージがはっきり出てから、「あの工事は手抜きだったのかも」と分かるのです。リフォームした家を大切にしたいのであれば、信頼できる業者を選び、取り付け工事を依頼しましょう。

TOPボタン