家の外観を美しく保つコツ~アンテナ工事in屋根裏~

アンテナは屋根裏にも設置可能

屋根へのアンテナ設置を躊躇している方は、屋根裏に設置出来ることを知っていますか?ここでは屋根裏にアンテナを設置するメリット・デメリットを紹介します。

屋根裏に設置するメリット
家の中にアンテナを設置するので、雨風の影響を受けることが無く経年劣化を防げるということが挙げられます。また、家の外観の変化が全く無いため、住宅の美観性を損ねる心配がありません。その他、将来的に新しい放送局が出来た場合でもアンテナの向きを簡単に修正することが可能です。調整やメンテナンスを自分で行なえるというメリットもあります。
費用が少々高額になることも
屋根裏にアンテナを設置するには、ある程度のスペースの確保が必要です。屋根裏を物置の様に使っている場合も多いので、設置するためのスペースがないという場合があります。また、室内に設置するアンテナの価格は、通常のアンテナよりも、高額になっています。ですが、少々高くても、長く使用出来るわけですから経済的といえるでしょう。

電波状況に応じて工事の追加が必要になる

電波を十分に受信出来ないエリアの場合、ブースターが必要になります。ブースターとは、受信出来ている電波を増幅させる機械です。十分な電波が受信出来ないエリアでは地デジを快適に視聴することが出来ないため、ブースターを使用し、電波を増幅させ、地デジ視聴可能なレベルまで引き上げます。ブースターを取付ける場合は、追加の工事が必要です。業者の方に確認してもらい、必要ならブースターの取り付けも行なってもらいましょう。

TOPボタン