業者が行なうアンテナ工事内容を把握しよう

プロによるアンテナ工事の流れ

アンテナの取り付け工事は、ただ設置すれば良いというものではありません。ではアンテナ工事業者が行なっている工事の流れを確認してみていきましょう。

BERを計測する

地デジを快適に視聴する場合、電波状況と、デジタル電波の符号の誤り率の測定が必要です。十分な数値であるか測定し、判断することが重要になります。

設置・処理工事

アンテナを固定するために外壁に穴をあけます。その後、しっかりとコーキング処理を行ない雨水が入らないように塞ぎます。壁面に設置する場合は、水平器でマストが綺麗にまっすぐに取り付けられるように調整します。

各チャンネルの電波状態を確認

各チャンネルによって受信している電波状況が異なるので、チャンネルごとに電波状況の確認を行ないます。

テレビの設定まで依頼できる

地デジを視聴するための初期設定が必要な場合は、設定も手伝ってもらえます。面倒なテレビの初期設定ですが、作業者はプロなので短時間で設定してもらえます。

保証サービスの有無も確認しておく

アンテナ取り付け作業

アンテナの取り付け工事を業者が完璧に行なっても、家の外に設置されるアンテナは、風害などによって視聴出来なくなる場合があります。万が一このようなトラブルがあった時のために、設置後の保証サービスのあるアンテナ工事業者を選んでおけば、トラブルにも迅速に対応してくれるので安心です。ですから、アンテナの取り付けを依頼する際は、保証の有無を確認して、取り付け後も安心出来る業者を選ぶということを覚えておきましょう。

TOPボタン