外観に合わせたアンテナ工事をしよう

テレビを綺麗な画質で楽しむために

テレビを快適に楽しむためには、アンテナ工事をきちんと行ないましょう。地デジやBS、CSによって視聴方法が異なるので、自身が希望する番組を視聴するためには適切なアンテナ工事を行ないましょう。

地上デジタル放送
アナログテレビで地上デジタル放送を見るには、地上デジタル放送専用チューナーが必要です。また、地上デジタル放送の番組を録画したい場合は、テレビとビデオの双方にチューナーを設置するため、チューナーは2つ必要になります。さらに、地上デジタル放送はUHFアンテナのみで受信が可能なので、UHFアンテナ工事をまだしていなければ、アンテナ工事業者に依頼をして取り付けてもらいましょう。地上デジタル放送対応のテレビに必要なのはUHFアンテナだけです。まずはアンテナ工事が済んでいるか確認しましょう。
BS・CS放送
アナログテレビでBS・CS放送を見るには、ケーブルと専用アンテナ・チューナーが必要です。また、テレビにアンテナ端子が一つしかない場合は、分波器も無いといけません。地デジ対応テレビの場合、BS・CSのチューナーがテレビに内蔵されているので、専用アンテナとケーブルのみになります。そしてアンテナ工事を行なう時は、電波を受信する方向に障害物が無いか確認し、方向と角度の調整をしなければなりません。

住宅の美観性を保つならデザインアンテナがおすすめ

デザインアンテナとは?

アンテナを設置

デザイン性を重視し設計された平面の薄型アンテナのことを『デザインアンテナ』といいます。一般的な八木式アンテナは、魚の骨の様な形をしていますが、デザインアンテナはとてもスマートで見た目も綺麗です。また、色を選ぶことも可能なので、住宅の外観を壊すことなく、アンテナが設置出来ます。さらに、太陽光パネルを設置する為に、デザインアンテナにする方も増えて来ています。

デザインアンテナに関するQ&A

受信状況に問題はありませんか?
電波塔が東京スカイツリーに変わったことで、電波がとても良くなっています。ですが、電波の状況によって受信出来ない地域もありますので、設置を行なっている業者ではしっかりと現地調査を行ない、設置プランを提案しているので安心です。
アンテナの設置場所はどこでもいいのですか?
希望の設置場所で受信に問題が無いかを確認し、問題が無ければ、その場所に設置可能ですが、電波の状況によっては、他の場所への提案があります。設置の際に、現地調査を行なうので、その際にご相談すると良いでしょう。
特別なアンテナ工事を施す必要はありますか?
アンテナはネジで固定するため、必要な箇所に穴を開けることになります。ですが、コーキング処理などを行ない,防水処理を施すため漏水などの心配はありません。安心して利用できます。
TOPボタン